マツダ CX-5 一部改良 ガソリンターボ・MT車追加 価格は?スペックは?特別仕様車は?

マツダ

ガソリンターボ

スペックについて

  2.2L ディーゼルエンジン 2.5L ガソリンターボ車 2.5L ガソリン車
種類 水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ 水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ 水冷直列4気筒DOHC16バルブ 
総排気量 2.188 2.488 2.488
圧縮比 14.4 ※ 10.5 13.0 ※
最高出力   kW〈PS〉/rpm  140〈190〉/4,500 169〈230〉/4,250 140〈190〉/6,000
最大トルク N・m〈kgf・m〉/rpm  450〈45.9〉/2,000 420〈42.8〉/2,000 252〈25.7〉/4,000
使用燃料 軽油 レギュラー レギュラー
  17.6 12.6 14.8

 

すごいですね。最高出力が230PSもありながら、ディーゼルに迫るトルクを実現しています。そして、他メーカーのターボ車の多くがプレミアムガソリン(ハイオク)を採用する中、これだけのスペックを実現しながら、レギュラーガソリンを維持してくれているのはありがたいですね。

スペック的には、ディーゼルエンジン車並みのトルクと、自然吸気エンジンでいうと3.0Lに匹敵するパワーを実現しています。ディーゼルエンジン車よりも静粛性は高いですから、高級車らしさは向上しているでしょう。

 

グレード

25T L Package


25T Exclusive Mode
XD L Package
駆動

2WD

4WD 2WD 4WD 2WD 4WD
価格 332万6400円 355万3200円 365万400円 387万7200円 331万1800円 355万8600円

 価格は、ディーゼルエンジン車とほぼ同じ。しかしガソリンターボ車はL Package以上のグレードにしか設定がなく、価格は必然的に上がっています。上級志向の位置づけであることがわかります。

 

特別仕様車

Exclusive Mode

装備内容一覧

 

インパネデコレーションパネル:本埜

 

BOSEサウンドシステム

 

自動防眩ルームミラー(フレームレス)

自動防眩ミラーは全グレードに装着されているが、特別仕様車Exclusive Modeは、鏡の縁がなく、ミラーの全面が、ほぼ鏡面になっています。

 

ステアリングホイール(中央メッキリング/6時ベゼル本革巻)

 

225/55R19タイヤ&19インチアルミホイール(高輝度ダーク塗装)

CX-8のように高級感のあるホイールデザインをしています。

 

360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー(センター/コーナー) 4万3200円

ドアトリムデコレーションパネル:本杢

グローブボックスレバー、パワーシート操作スイッチ部、パワーウインドースイッチパネル:サテンクロームメッキ

7インチマルチスピードメーター(TFTカラー)

通常のグレードでは用意されていない特別装備である。

バニティミラーLED照明付(運転席/助手席)

LEDマップランプ

オーバーヘッドコンソールLEDダウンライト

グローブボックス内照明

ルームランプ/ラゲッジルームランプ(LED

LED間接照明(足元)

運転席&助手席シートベンチレーション

CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー(フルセグ)

オプション価格 3万2400円

 

特別仕様車は買いか?

XD L Package とExclusive Modeの価格差は 33万8600円です。

そこでオプションで装着できる装備が以下の3点です。

 

BOSEサウンドシステム 8万1000円

CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー(フルセグ) 3万2400円

360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー(センター/コーナー) 4万3200円

 

これら3点を装着すると、15万6600円です。よって33万8600円-15万6600円=18万2000円 

つまりこれが実質、特別装備にかかる価格差だといえます。

特別仕様となっている装備としては、

 

ナッパレザー

通常の革シートと比べ、より柔らかく手触り、かけ心地ともに良い素材となっています。

 

内装の本埜仕様及び室内灯LED化

 

運転席&助手席シートベンチレーション

乗員とシートの間の熱のこもりを吸い出し、暑い季節でも快適な運転環境を提供するベンチレーション機能です。(マツダアテンザのHPより)

 

 

7インチマルチスピードメーター(TFTカラー)

 

 

225/55R19タイヤ&19インチアルミホイール(高輝度ダーク塗装)

 

が主な特別装備となっています。ナッパレザーは他車比較でいうと、通常の革シートとナッパレザーの価格差は、7~8万円ほどとなっています。シートベンチレーションと合わせて10万円ほどと見ておけばよいでしょう。

内装については本埜が採用されていますが、これは比較が難しいので一概に言えませんが、レクサスのオプションでインテリアパネルの本目化にかかる費用は、同じくらいのサイズのNXで約10万円となっています。

7インチマルチスピードメーター(TFTカラー)は、約1~2万円くらい

225/55R19タイヤ&19インチアルミホイール(高輝度ダーク塗装)については、約3~4万円とみてよいでしょう。

 

トータルで特別装備分の対価としては、24~5万円ほどとなりますので、一応お得ですが、これまでのマツダの特別仕様車ほどお得とは言えないです。それよりも、通常のCX-5では、装備できないワンランク上の装備が手に入る付加価値が、この特別仕様車の醍醐味といえましょう。

 

最近のコメント