クルマリース リースナブルとは ~月々の支払いに含まれるものは? なぜ安いのか?~

未分類

最近自動車メーカー各社からサブスクリプションが登場し、新車を買うのではなく、利用する権利を買う、そういったものが増えてきました。

また、かつてのように契約期間の長いカーリースと同様の形態になってきています。

なんといってもアルファードやハリアー、CX-5等人気で高価格なクルマが月2万円~というわけですから気にならないわけがありません。

トヨタの人気SUV ハリアー

月2万円~とは

アルファードを例に説明します。

月々2万円~と言いうのには理由があって、月2万円でボーナス払い多め、月3万円でボーナス払い少し、月5万円でボーナス払いなしという3パターンに分けられます。

アルファードS 

alphardS
月々の支払い額
アルファード2.5S
パーフェクトプラン¹
20,000円30,000円48,000円
ボーナス加算
(年2回)
168,000円108,000円なし

¹パーフェクトプラン装備内容:9インチディスプレイオーディオ、エントリーナビキット、両側スライドドア、バックカメラ、ETC、オリジナルフロアマット

ですから純粋に月々定額で乗ろうと思えば、48,000円で乗れることになります。

他社リース契約
5年リース 
ボーナス払いなし
リースナブル48,000円
Carsma68,860円
オリックス69,850円

 5年 ボーナス払いなし

2.5S 7人乗り

ボディカラーは、追加料金なし

両側スライドドア、ETC、ドアバイザー等必要なオプションはそろえています。

どうでしょうか。リースなブルの安さがわかっていただけたでしょうか。

特徴

他社のリース契約だと、これらの装備は、月々オプションの月額使用料が発生し、以下の装備を装着するだけで+5,000円程かかる場合もあります。もともと破格な上にこれらの装備が付いているとなると非常にお得ですね。

充実したオプション(パーフェクトプラン)

アルファードの例だと、標準でパーフェクトプランでもこれらが装備されます。

エントリーナビキット
両側パワースライドドア
バックカメラ
ETC
オリジナルフロアマット

さらに充実したパーフェクト+プラン

さらに装備の充実したパーフェクト+プランだと

ツインムーンルーフ
T-ConnectTVナビキット
サイドバイザー
ポリマーコーティング

ここまで装備すると、新車で買う場合オプション価格だけで、びっくりするような金額になっていしまいます。

さらにいまなら…春限定

通常価格よりさらに安くなっています。

アルファード2.5S
パーフェクトプラン
20,000円30,000円48,000円
39,800円
ボーナス加算
(年2回)
168,000円
118,800円
108,000円
58,800円
なし

トータルで50万円引きとなっています。

アルファード2.5S
パーフェクト+(ぷらす)プラン
20,000円30,000円39,800円
ボーナス加算
(年2回)
168,000円108,000円なし

月々の支払に含まれるもの

まず、新車を買うときのように、初期登録費用や、自動車税などの税金はかかりません。

もちろん頭金も必要ありませんから、車を持っていない方や、持っていても下取りに出しても大きな金額にならない方であっても、問題ありません。

自動車購入時の諸経費は掛からない

もちろん車検も

車検・法定点検の料金も、毎月の利用料に含まれます。

自動車保険(任意保険)は個人で加入する必要がある。

以前い私の記事で、トヨタのサブスクリプション「KINTO ONE」は、任意保険もふくまれていますから、特に若い方は、自分でローンを組んで買うより、KINTO ONEの方が安く済むという結論に至りました。

トヨタKINTO ONEはお得なのか~残価設定ローンと比較してみた

ですから、若い方で任意保険料が高額な場合は、リース料が安いだけで選ぶのではなく、保険料までも含めたトータルコストで是非を検討しましょう。

契約期間が長め 5年(トヨタは3年)

契約期間は5年となります。トヨタのKINTO ONEであれば3年間で解約は終了します。逆に他社のリース契約では、3年もあれば逆に7年~11年まで長い期間で、それも2年間ごとに契約期間を選択できるものもありますが、リースナブルでは5年間のみです。

なぜ安いのか?

とても安いですね。不安になるぐらいです(笑)

株式会社三和サービスとは?

愛知県に本社を置きオート事業やリース事業を行う会社です。

株式会社三和サービス

三和サービスグループの組織構成図

オート事業では、中古車の販売や車両点検等幅広く自動車に関連する事業を展開しています。

仕入れから中古車販売まで一括化?

あくまでも私の推測ですが、クルマを仕入れるとき、個人で買うのではなく、会社として買い入れますから当然安く仕入れるとことができます。

リース契約の終了した車両を、直接、自社系列の中古車販売店などで売ることができるので、コストを抑えられているのでしょう。

トヨタの正規販売店やオリックス等大手の販売会社などと比較して、広告や店舗等に費用が掛かっていない点もあるのでしょう。

注意すべき点は

走行距離が少なめ?

公式HPには記載ありませんが、750㎞/月なのではないかと思われます。月々の支払いが安い分、5年後の残価を高く見積もっているのでしょう。他社が1000~1500㎞辺りで制限距離を設定しているので、そこと比較すると短めですね。

支払金額は車種によりけり?

リースというのは数年後の残価を差し引いた金額を支払うので、人気のクルマほど、リースの恩恵が得られます。

例えばアルファードは車両本体価格が400万。オデッセイは340万(アブソルート ホンダセンシング)ですが月々の支払額はアルファードの方が安いです。人気のクルマの方が安く乗れるということですね。

odyssey ABSOLUTE Honda SENSING

同様に、今だけ限定でアルファード50万円ほどは安くなっていますが、ヴェルファイアは37万円です(2020ねん4月29日現在)。やはり数年後のリセールによって左右されるのですね。

5年車両本体
アルファード
2.5S 
48,000円
39,800円(春限定)
約400万円
オデッセイ
アブソルートホンダセンシング
48,000円約340万円
エルグランド
250ハイウェイスターS
53,000円約360万円

オデッセイやエルグランドとなれば、さすがに古くなってきていますし、5年後のリセールもアルファード/ヴェルファイアに比べると期待できないのでしょうね。

比較的新しいクルマや人気のクルマの方が、月々の支払いも抑えられお得に乗ることができるでしょう。

まとめ

そんなに有名というわけではありませんが、お得に車をリースしたいという方にはとっておきではないでしょうか?

特に人気のクルマに安く乗りたい、とか新型のクルマにお得に乗りたいという方は要検討ですね。

最近のコメント