トヨタ スープラ 価格は?スペックは?

トヨタ

17年ぶりにスープラが復活しました。詳細について調べてみました。

概要

トヨタスープラは、もともと北米仕様の名前で、国内では、「セリカ」として販売されていました。セリカが初代。2代目として販売され、3代目から「スープラ」として販売されました。

初代セリカ
2代目セリカ
スープラ

4代目スープラ

スペック

価格については、490万円~となっており、グレードが一つ上がるごとに、100万ずつ高くなります。

グレード RZ SZ-R SZ
価格 690万円 590万円 490万円
全長 4,380
全幅 1,865
全高 1,295 1,290
ホイールベース 2,470
排気量【ℓ】 2.998 1.998 1.998
エンジン型式      
トランスミッション 8AT
最高出力 250[340]/5,000‐6,500 190[258]/5,000-6,500 145[197]/4,500-6,500
最大トルク 500[51.0]/1,600‐4,500 400[40.8]/1,550‐4,400 320[32.6]/1,450-4,200
       

RZグレードには直6エンジンが搭載され、SZ-R SZグレードには直列4気筒が搭載され、ともにツインスクロールターボが備わります。

 

基本ベースを BMWのZ4 と共有していることから、これまでのトヨタのスポーツカーとは一線を画するのではないでしょうか。

注目ポイントは?

まず直6エンジンです。トヨタ車においてもレクサスにおいても、トヨタグループでは、直6エンジンは作ってはいませんでした。BMWから提供を受けたエンジンを流用することでトヨタにおいて直6エンジンが復活しました。

近年、再び直6エンジンが見直されているようです。

デザイン

全長が4,380、全幅が1,865で堂々としたスタイリングです。



インテリア

インテリアは高級感あふれています。外車っぽい感じですね。

ちょっとマツダっぽく見えてしまうのは、それだけマツダのデザインが良くなってきているからなのか…


2シーターとすることで割り切ったデザインにより

86よりも100㎜短い2470㎜というホイールベースを実現しました。

それによりホイールベースとトレッドの比が1.55となったようです。

最近のコメント