ホンダCR-V PHEV スペック判明 ハイブリッドとの違いとは?

ホンダ

東風本田では、人気SUVであるCR-Vに待望のPHEV車が追加されました。

日本では、三菱アウトランダーをはじめ、昨年、トヨタのRAV4がPHV車を追加したのが記憶に新しいのではないでしょうか?

ホンダCR-VのPHEV車はどのようなクルマに仕上がっているのでしょうか

概要

そもそもPHEVとは?

プラグインハイブリッドカーとは、通常のハイブリッドカーに外部充電機能を追加したものになります。

エンジンでバッテリーを充電するのみならず、コンセントからの電力を走行に使うことができるので、モーターでの走行距離をより長くすることができます。

4.jpg

ですから、近距離での買い物の時などは、自宅充電により蓄えた電力で、ガソリンを一切使用せず、長距離走行するときは、エンジンがバッテリーの充電をしながらハイブリッド走行ができるのでバッテリーの残量を気にせず、遠くまで行けるという優れたメリットがあります。

スペック~クラリティPHEVと比較してみた~

ホンダクラリティPHEVは、ホンダラインナップ初のPHEV車となっています。これとは別にクラリティFUEL CELLというクルマがあり、こちらは水素で走る車となっています。

スーパープラチナ・メタリック★
クラリティPHEVCR-V PHEV
(東風本田公式HPより)
エンジン
排気量1,4961,993
最高出力(kW[PS]/rpm)77[105]/5,500107[145]/6,200
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)134[13.7]/5,000175[17.8]/3,500
モーター
最高出力(kW[PS]/rpm)135[184]/5,000-6,000135[184]/5,000-6,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)315[32.1]/0-2,000315[32.1]/0-2,000
システム最高出力
最高出力(PS)184214
最大トルク(Nm)315315
バッテリー総電力量(kWh)17.0
車重1,8502,018

クラリティPHEVのパワートレーンをベースにエンジン排気量を2.0Lに上げて、CR-Vに搭載しました。

東風本田公式HPによると、モーターのみによる航続可能距離は、84㎞のようです。

ハイブリッド車のエンジンモーターをベースに、PHEV化されました。クラリティの1.5Lエンジンに対し、CR-Vでは2.0Lガソリンを搭載し、出力を向上させています。

トヨタのRAV4ハイブリッドに対するPHVは、燃費の良さだけでなく、スポーツカー並みの性能という付加価値も備わりましたが、

CR-VのPHEVは、ハイブリッドの性能をベースに、EV走行ができる距離を伸ばしたという感じですね。搭載されるパワートレーンはハイブリッドと共通で、大幅な性能向上はありません。

PHEVなのに、長く走れない⁈

むしろ、加速性能という面では、0-100加速が10.3秒と、通常のハイブリッドよりも遅くなってしまいました。

また、タンク容量は驚きの26Lのようなので、航続可能距離は480㎞程という計算になります。

平均燃費21.2㎞/L×23L =489㎞

簡単にハイブリッドとの比較をしてみました。

ハイブリッドとの比較

CR-V PHEV
4WDの設定なし
CR-V HV
(2WD 4WDの設定あり)
総合条件燃費(km/L)76.919.2
最低負荷条件下での燃費※1
(㎞/L)
21.27
燃料タンク容量(L)2653
0-100㎞/h加速時間(s)10.39.2
車両重量(㎏)20181674

※1 最低負荷条件下の燃費は、CR-V PHEVの主要概要表にしか記載ありません。おそらく高速走行時を指すものと思われます。

総合条件燃費は脅威の76km/Lですが、高速道での燃費は、そこまで高くないかと思われます。最低負荷条件下での燃費は21km/Lが、

燃料タンクが半分の26Lとなるので、高速道路上での航続可能距離は短くなっています。

また、PHEVはFFのみの設定しかないため、単純な比較はできませんが、HVとの差額は、

4万元となります。(1元=16.5円とすると、約66万円の差額)

ハイブリッドプラス60万円と考えると、

トヨタのRAV4よりは割安ですね。

まとめ

CR-V のPHEVは、割安だけど、スペック的にはごく普通でむしろ、ハイブリッドよりも劣る(0-100の加速タイム)うえ、航続可能距離も短め、ということがわかりました。

日本への導入はあるか?

私はあると思います。

2030年中に電動化を進めなければならない自動車メーカーにおいてその橋渡しとなるPHEVの導入は避けて通れないからです。

チャージイエロー
ホンダの量産EV Honda e

ハイブリッド車よりもプラス60〜70万円という価格は、小さくはないですが、高級SUVのCR-Vであれば、一定の指示は得られるでしょう。

最近のコメント