レクサスGS どんなクルマ?良いところを紹介 中古で買うならおススメグレードも紹介

レクサス
ソース画像を表示

レクサスGSは、日本では2005年~2020年まで売られていた、トヨタアリストの後継に当たる高級車です。

2020年にESにバトンタッチする形で絶版となりました。

2005年にレクサスが日本に導入された当時、SCとともに日本版レクサスの第1弾として販売されました。

そして翌2006年には、レクサスブランド初と  なるハイブリッド車が追加されました。

こうしてみると、日本におけるレクサスの歴史において、重要な役割を担ってきたクルマといえます。

なぜ絶版になったのか?

まず、セダン市場の縮小があげられると思います。最近でも、トヨタクラウンの廃止が噂されたとおり、日本のみならず、世界でもセダンの市場は縮小しています。

そんな中、レクサスでのGSの立ち位置をみると、上位にレクサスのフラッグシップであるLS、下にはスポーツモデルであるISが存在し、GSの存在意義が明確でなかったことが原因だと思われます。

デザイン

LSは、だれが見てもわかる高級感を持った、迫力のあるデザインが特徴的です。

ソース画像を表示
先代LS

それに比べて、先代GSは上品ではありますが、おとなしいデザインとなっています。

GS(レクサス)2005年7月~2011年12月生産モデルのカタログ|中古車 ...
初代GS。控えめなデザインです。

価格

LS

770~965万円

GS

520万円~775万円

となります。

価格的にはそれなりの差があるものの、LSの場合、全グレードV8 4.6Lである一方、GSの場合V6 3.5L、V8 4.3L(後期から4.6L)、V6 3.5Lハイブリッドという様々なパワトレーンから選ぶことができます。GSの上位のパワートレーンでそれなりのグレードを選ぶと実質的にLSと価格は違わなくなってしまいます。

しかし良いところもたくさん

とにもかくにも、上品

まず、レクサスのフラッグシップモデルであるLSの存在があるため、そこまで威圧的なデザインである必要がなく、GSならではの存在感を放っていました。

また、車体のわりに高性能なスペックであるため、ドライバビリティはかなり高いものになります。

ソース画像を表示

扱いやすい大きさ

日本でレクサスブランドが確立されてからは、セルシオが担っていたポジションはLSが担うこととなり、世界で戦えるフラグシップモデルとなりました。

それゆえ、日本で扱いには持て余すほど大きくなってしまいました。

下の表をご覧ください。

LS GSサイズ比較

4代目LS
(2006-2017)
5代目LS(2017-)3代目GS
(2005-2012)
4代目GS
(2012-2020)
(参考)
3代目セルシオ
全長×全幅×全高50305235483048504995(後期型は
5015)
全幅18751900182018401830
全高14651450142514551470

3代目セルシオ(最終型)ではかろうじて5m以内に収まっていましたが、レクサスに移行して5mを超える大型ボディとなりました。

全幅に至っては4代目LSで1870㎜、5代目LSでは1900㎜です。一般的な駐車場ではかなり気を遣う大きさです。

そんなGSのおススメグレード

型式でいうと4代目、GS350 か GS250

3代目(日本では初代)GSは、基本性能に難がありました。レクサスの初のクルマということもあり、レクサスの皮をかぶったトヨタ車という印象が強いのが実情です。

4代目(日本では2代目)ともなると、トヨタの高級車ではなく、GSを選ぶことに意義がでてくると思います。

その中で私がおススメしたグレードは、

GS350及びGS250です。

ソース画像を表示

安い

まず前提条件としてGSの中古車相場はやや高めです。同じクラスのセダンの中古車相場と比較するとなかなか値が落ちていないというのが実情です。

その中でも、やはり人気グレードは言うまでもなくGS250h(後期型ではGS300h)です。

比較的相場が高めの車種の人気グレードを中古車で買うとなると、コスパを考えると手が出ませんよね。

GS300hは高い

維持費は高くなってしまいますが、ハイパフォーマンスのGS350だと、新車での価格は最も高いですが、中古車市場では一番買いやすかったりします。

ですから、中古車で狙うなら、GS350がおススメです。

その次にお得なのがGS250(後期型からGS300)となります。このV6 2.5Lはクラウンに搭載されていたものと酢こち異なりハイオク仕様になりますが、その分スペックは上回ります。

V6エンジンである

そして最後に、

トヨタ最後?かもしれないFRでV6エンジンに乗れる最後のチャンスです。

ソース画像を表示

現在販売されている車種において、FRでしかもV6 エンジンを搭載した車は、LS、LC、RC・ISです。レクサスは高級ブランドなので、まだまだV6 FR車は存在していますが、世間的な流れでいうと減少しているのが実情。

トヨタの高級車の代表格、クラウンもFF化するのではないか、そもそも存続ずら危ぶまれています。

ですから中古車でV6 FR車という手もありなのではないでしょうか

最近のコメント