スバルアイサイト 機能の違いについて紹介

スバル

カメラを二つ用いることで、人間の目で見ているかのような視認性を確保し、大衆車においてはじめて自動ブレーキを搭載し、普及につなげたアイサイトですが、車種によって機能が大きく異なります。

今回はその違いについてご紹介したいと思います。

設定車種

アイサイト設定車種は次のとおりです。

  • フォレスター
  • インプレッサ
  • XV

アイサイトX

そして、以下の2車種には高度な運転支援技術を搭載するアイサイトXが備わります。

  • レヴォーグ
  • レガシィアウトバック

アイサイトの機能区分は、大きく分けて2つあり、普通のアイサイトとアイサイトXです。

安全装備としては、普通のアイサイトで十分です。

アイサイトXになると、最新鋭の半自動運転が可能となります。他メーカーでは、レクサスやメルセデスベンツなどの欧州メーカーで設定がありますが、非常に高価となります。大衆メーカーとしては設定があるだけで凄いことです。

アイサイトの機能について

それでは、まず、全車に共通するアイサイトの機能について紹介します。

プリクラッシュブレーキ

「ぶつからない」をサポートする機能

これは、いわゆる自動ブレーキといわれるものです。ただし、アイサイトの凄いところは、自動車はもちろん、歩行者や自転車に対応することはもちろん、右折時の直進対向車や右左折時の歩行者にも対応します。

直進対向車も検知してくれます

他社の自動ブレーキだと、自動車のみ衝突回避しないものもあるので、かなり進んでいますよね。

緊急時プリクラッシュステアリング(インプレッサは搭載なし)

戦術のプリクラッシュブレーキの制御だけでは衝突愛日が困難な場合、システムが周囲に回避スペースがあうと判断すると、ステアリング制御もあわせて行い衝突回避をサポートしてくれます。

緊急時プリクラッシュステアリングの作動イメージ

回避対象物が自動車、自転車、歩行者以外の場合も作動しません。ですから建物や分岐などの場合は対象外です。

後退時ブレーキアシスト

AT誤発信抑制制御 AT誤発信抑制制御

全車速追従機能付きクルーズコントロール

全車速追従なので、渋滞時の完全停止まで可能です。他メーカーだと、電動パーキングブレーキを搭載していない車種だと、減速しますが、クリープのままで完全停止まではしてくれません。

以上がいわゆる普通のアイサイトに搭載されるシステムです。これに加えて、アイサイトXでは、半自動運転が可能となるような機能が加わります。

アイサイトX(高度支援システム)とは?

GPSや準天頂衛星「みちびき」などからの情報と3D高精度地図データを組み合わせることで、運転支援機能を大幅に拡張させています。半自動運転が可能となります。

搭載車種

レガシィアウトバック

レヴォーグ

機能一覧

渋滞時ハンズオフアシスト

50㎞/hまでの時に、一定の条件を満たすと、スタアリングから手を離すことが可能です。

渋滞時ハンズオフアシスト作動時のメーター表示

渋滞時発進アシスト

自動車専用道路上での渋滞時、ドライバーが前を向いているなど一定の条件が揃えば、スイッチ操作をすることなく発進してくれます。

カーブ前速度制御&料金所速度制御

自動車専用道路を走行中、進入するカーブの曲率に合わせて、適切な速度に制御してくれます。クルーズコントロールを使用しているときに、カーブがきつくて自分で速度を緩めた経験のある方も多いのではないかと思います。せっかくクルーズコントロールを設定したのに、カーブが続くから結局自分で操作した方がいいってなりますよね。アイサイトXなら、かなり実用的なんじゃないかと思います。

アクティブレーンチェンジアシスト

ドライバーの方向指示器の操作に連動し、車線変更をアシストしてくれます。

ドライバー異常時対応システム

ツーリングアシスト作動時にドライバーの異常(ハンドルを持っていない、わき見、居眠り等)を検知した場合に警告を行います。それでもステアリングを握らない場合は、ハザードランプやホーンで周囲に警告し、全ドアロックを解除してくれます。

メーターで警告します

まとめ

機能一覧(グラフ)

レガシィアウトバックレヴォーグフォレスターインプレッサXV
渋滞時ハンズオフアシスト
渋滞時発進アシスト
カーブ前速度制御&料金所速度制御
プリクラッシュブレーキ
緊急時プリクラッシュステアリング
後退時ブレーキアシスト
AT誤発信抑制制御 AT誤発信抑制制御

最近のコメント